引越しの時ピアノ運送を依頼する際に知っておきたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアノ運送は専門の業者に依頼しなくてはならないこと、知っていましたか?

 

4c1798d2e3e1c0f93fd253b91806790b_s

ピアノを持っている方の中には、後に引っ越しする際に輸送を必要とする場面がありますね。

ピアノはアップライトピアノの場合でも重量が200キログラムを超えているので、簡単に自宅内でも移動させることができません。
しかし家族の転勤、住宅を購入したことで引越しを必要とする場面はこのピアノも一緒に運ばなければなりません。

「最近の引っ越し業者の方は作業もとても丁寧だし大丈夫じゃないの?」と考える方もいらっしゃると思いますが、

実はピアノは対応していないという引越し業者があるのも珍しくないんです!

一般的な荷物と一緒に輸送することは原則として行ってはいけないものとして考えられているからです。
その背景には、ピアノは鍵盤楽器でありながら繊細な弦とハンマーによって構成されている楽器でもあるため、

大きな振動を与えてしまうと、音程を狂わしてしまうことがあるからです。

その結果としてピアノ運送に関しては、専門の業者に依頼することになります。

ピアノ運送を依頼する際の3つのポイント

87fbca3f07d3ecea9640cb04908bb20f_s

1 今住んでいるところと、移動させる場所の環境を下調べしておく

Macで文章を書くタイピング中

  • 今住んでいる場所、これから引っ越すところがアパートやマンションなのか、戸建てなのか
  • 何階建ての何階の部屋にピアノが置いてあって、何階の部屋に運ぶつもりなのか。
  • エレベーターを利用はできるのか・・・
  • 階段の理由はできるか・・・
  • 防音について。

最低限このぐらいのことはご自分で下調べしておきましょう。

運送業者に依頼する際に今の住居と引っ越し先の住居の環境を伝えることが必要になります。

また、こうした下調べをしておくことによってご自身が希望の業者を見つけやすくなります。

2 1社だけではなく複数の業者に見積を立てて貰う。

シニア世代夫婦

これは専門業者によって料金が大きく変わるからです。

また、業者が見積を立てる上で大きなポイントにあげられるのが、住宅の状態です。

住宅の状態によって料金も大きく変動する場合があります。

インターネットサイトなどを利用して複数の専門業者に先ずは見積を依頼してみましょう。

3 付随しているサービスのチェック!

付随しているサービスの内容を把握することも大切です!

例えば、運送した際にピアノの調律や内部から全体にかけて清掃をサービスとして行っている業者もあります。

これはとても嬉しいことですよね。

普段はなかなかピアノの内部の掃除は自分では出来ないですもんね。

付随しているサービスを事前にチェックすることで、ピアノ運送を更に便利に利用することも可能となります!

いざ引っ越しをする際に困ってしまうピアノの運送・・・

この先引っ越しされる際には是非参考にしてみてくださいませ♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*